Category Archive: お手入れ

愛犬の耳のお手入れは、ゴシゴシこすらず優しく行いましょう!

愛犬の耳を清潔な状態に保つためには、日常的なお手入れが必要です。

けれども、犬の耳はとてもデリケートなので、お手入れには細心の注意を払わなければなりません。


本来、健康な犬の耳には余分な耳垢や赤みや腫れなどは見られませんし、悪臭もありません。

そのような健康な耳の場合には、イヤーローションを外耳道に流し込んでの耳そうじや、綿棒による外耳道の

耳そうじなどは必要ありません。

むしろ、綿棒を使ってゴシゴシと拭いてしまうと、耳の中を傷つけてしまったり汚れを奥へ押し込んでしまったりして、

外耳炎などの原因となってしまう事もあります。


健康な耳を清潔に保つためのお手入れとしては、脱脂綿やガーゼにイヤーローションをしみ込ませて、

耳介や外耳道の入り口の ヒダになっている部分を優しく拭くようにします。

決してゴシゴシこすったりしないように、充分に注意しながら行いましょう。


どれくらいの頻度で行うかは、犬種や耳の形状によっても違ってくると思います。

立ち耳の場合は通気性が良いので比較的汚れにくいようですが、垂れ耳の場合は耳の穴にフタをしているような状態で

通気性が悪く 不衛生になりやすいので、お手入れの頻度も上がるようです。


我が家のロン店長(ウエスティなので立ち耳)の場合、1ヶ月に1回のペースでトリミングに行って耳のお手入れも

してもらっていますが、 トリミングとトリミングの間にも自宅で1回するようにしています。

つまり、2週間に1回程度の頻度でお手入れをしているという事になります。

耳に異常がないかどうかのチェックは毎日していますが、今のところ特に異常もなくキレイな状態で保てています。


20150123-1i


垂れ耳のワンちゃんの場合は、立ち耳の場合よりも

頻度の高いお手入れが必要になるかと思いますが、

かと言ってあまり頻繁にやり過ぎても、逆に炎症を

起こしてしまうかもしれないので、愛犬の耳の状態を

注意深く観察しながら、その子にとって最適なお手入れを

して上げられるよう心がけましょう。



そして、もし愛犬の耳に普段とは違うような異常(赤みや腫れ、ベタベタした耳垢、悪臭など)が見られる場合には、

外耳炎などの疾患の可能性があるので、動物病院で診てもらうようにしましょう。


リンク先:ホリスティックケア・カウンセラー養成講座サイズ:468x60